調査研究事業

 当協会は、国、地方公共団体、企業等からの委託により、船舶航行安全に関する調査研究を受託し、学識経験者、海事関係者及び関係官公庁により構成される委員会(事務局:当協会)を設置するなどして、中立・公平な立場で関係者の意見調整を図り、最適な船舶航行安全対策を策定して報告書に取りまとめ、委託者に報告しています。

港湾、航路、空港などの海上工事に係る安全対策
 海面の埋立て工事、橋梁の建設工事、空港滑走路の増設工事等が、その近くを航行する船舶や他の海域利用者へ及ぼす影響を調査して、講ずべき安全対策を検討するものです。
岸壁の新設等に伴う港内航行及び港内操船に係る航行安全対策
 港湾の形状、特性及び入出港する船舶の構造、性能を考慮した入出港時の操船・係留時の安全対策を、必要に応じて、ビジュアル操船シミュレーションなどの海上交通工学的手法も採用して検討するものです。
通常を超える大型船舶や危険物積載船舶などの受け入れに関する安全対策
 大型船や危険物積載船ならではの操船特性、船体の構造及び港の形状、航路の幅などを考慮した入出港時の操船・係留時の安全対策をビジュアル操船シミュレーションなどの海上交通工学的手法により検討するものです。

調査研究事業等一覧

» 続きを読む